MMCX/2pinイヤホンをbluetooth接続できるリケーブルのおすすめは?

手持ちのイヤホンをbluetooth接続して、
ワイヤレスで音楽を聴きたい!

リケーブルできる、
bluetooth対応ケーブルの
おすすめと言えば?

ある程度高価なイヤホンを買うと、
次に試したくなるのがリケーブル。

音質を優先させるなら、
リケーブル後もスマホ(またはDAC)に
直差して聴くのが確実です。

一方、
利便性・動きの自由度を優先させるなら、
bluetooth接続でワイヤレス化を
考えると思います。

そこで、この記事では、
イヤホンをワイヤレス化する方法を
紹介します!
 

ワイヤレス化その①:bluetooth対応イヤホンを使う

 
bluetooth技術の発達と
スマホの普及により、
bluetooth対応イヤホンが
普及してきました。

イヤホンの音質にこだわりがなく、
手軽さ・利便性を取るなら、
最初からbluetooth対応イヤホンを
買うのがおすすめです。

おすすめのイヤホンについては、
こちらの記事で紹介しています。

 

ワイヤレス化その②:bluetooth対応レシーバーを使う

 
手持ちのイヤホンをbluetooth接続する
方法として、
bluetoothレシーバーを使うのが
おすすめです。

この場合、
スマホ → (無線)
bluetoothレシーバー →
ケーブル(有線) →
イヤホン
という構成になります。

つまり、スマホから音楽を
bluetoothレシーバーに飛ばし、
そのレシーバーに飛ばされた音楽を
イヤホンにつないで聴く、
ということです。

イヤホンとスマホが
直差しになっていない分、
スマホを自由に動かせる
(どこにでも置ける)
というメリットが生まれます。

おすすめの
bluetoothレシーバーについては、
こちらの記事で紹介しています。

 

ワイヤレス化その③:bluetooth対応ケーブルを使う

 
手持ちのイヤホンケーブルを使わず、
bluetooth対応ケーブルを使って、
ワイヤレスで聴く方法です。

この場合、条件があります。

ポイントは、そのイヤホンが、
リケーブルに対応しているということ。

言い換えれば、
イヤホンとケーブルを離すことができ、
そのコネクタがMMCX/2pinの形状である、
ということ。

リケーブルの主流はMMCXコネクタなので、
お手持ちのイヤホンが
1万円以上のものであれば、
大体リケーブルできるはずです。

そこで、この記事では、
コネクタがMMCXの
bluetooth対応ケーブルを紹介します。
 

bluetooth対応ケーブルのおすすめは?

Shanling「MW200」

created by Rinker
SHANLING
¥14,960 (2021/09/18 13:17:14時点 Amazon調べ-詳細)
 
blutooth5.0、LDAC、aptX HD、AACと、
高品質コーデックに加え、
DAC(デジタルアンプ)まで
搭載されていて、
ワイヤレスケーブルでは最高水準の
音が聴けます。

ネックバンドでも気にならない、
大きな動きをしない中で聴くなら、
このケーブルが一番おすすめです。
 

SHURE「RMCE-BT2」

 
先ほど紹介した、
Shanling「MW200」より音質は劣るものの、
利便性はこちらが上手です。

本体の裏側にクリップが付いてあり、
襟元に挟んでおけば、
動きの不自由を感じることは
ほぼないでしょう。
 

SHURE「RMCE-TW1」

 
手持ちのMMCXイヤホンを
完全ワイヤレス(TWS)化できる
bluetoothケーブルです。

先ほど紹介した、
SHURE「RMCE-BT2」よりも
音質は劣りますが、
利便性を最優先させるなら、
左右独立の完全ワイヤレスが
一番おすすめです。
 

2pin型のイヤホンをbluetoothリケーブルするには?

 
今回紹介した商品は、
全てコネクタがMMCXのものです。

ですが、手持ちのイヤホンの中には、
2pinコネクタのものがあるかもしれません。

その場合、
今回紹介した2つ目の方法の、
bluetoothレシーバーにつなげるのが1つ。

もう1つの方法として、
2pinをMMCXに変換するアダプタを使うのも
1つの方法です。

 
このアダプタを使えば、
今回の記事で紹介した、
MMCX型bluetoothケーブルを
使うことができますよ!

共感がお金に変わる魔法の授業
おすすめの記事