クレジットカードは楽天カードがおすすめ!メリット・デメリットは?

「アラフォー(30代後半または40代)、
 パラサイトシングル(未婚で実家暮らし)、
 無職またはアルバイト(パート)・・・。

 ・・・こんな私でも
 クレジットカードは作れる?

 作るとしたら、
 どこのカードがおすすめ?」

上記ステータスだけ見ると、
なんだか作れなさそうな気がしますよね。

ですが、
もし上記の条件に当てはまっていたとしても、
全く問題なくクレカを作ることはできます。

それが楽天カード。

この記事では、
楽天カードをおすすめする理由や、
メリット・デメリットを紹介します!
 

楽天カードをおすすめする理由




(上記画像をタップすると、
 カードの申し込みページに飛びます)

楽天カードをおすすめする理由として、
「ほぼ誰でもカードを作れる」
ことにあります。

私が楽天カードを作った時、
アルバイトの収入のみで生活していました。

つまり、定職(フルタイム)でなくても、
パートタイマーでも作れてしまうのが、
楽天カードなのです。

クレジットカードの審査基準として、
一定の収入があること。

つまり、バイトでも、
一定の収入が見込めると判断されるので、
審査基準は割と緩い傾向にあります。

もちろん、年収が低すぎると、
使用限度額が低めになります。

使用限度額の最低が月20万円までですが、
普段の生活で月20万円も使わなければ、
最低額でも全然余裕ですね!
 

無職でも楽天カードを作れる?

 
残念ながら、無職では、
収入の見込みがないと判断されるので、
楽天カードに限らず、
どのカードの審査も通らないでしょう。

一応、裏技として、
1ヶ月だけアルバイトをして、
その間にカードに申し込めば、
もしかしたら作れるかもしれません。

ですが、
使った額を返済できる見込みがなければ、
そもそもカードを作ることは
おすすめしません。

もし、返済できずに、
自己破産してしまうと、
ブラックリストに入れられてしまいます。

個人の信用情報は、
信販会社間で共有されるので、
その後、どれだけ収入があっても、
しばらくはどの会社のカードも
作れなくなってしまいます。

ですので、借金のために
クレジットカードを作るのは
絶対にやめましょう。
 

楽天カードのデメリットは?

 
デメリットと言えるほどの
デメリットはありません。

唯一あるデメリットと言えば、
楽天ETCカードをお持ちの場合、
カードを全く使わなければ
ETCカード年会費がかかることでしょうか。

ETCカード年会費を0円にする方法として、
プラチナ会員またはダイヤモンド会員に
なる必要があります。

・日用品を
 ネット(amazon・楽天市場)で買う
・コンビニ・スーパー・飲食店では
 カード(またはEdy)で決済する

のどちらかでカードを使えば、
月5000円~1万円は使うことになり、
あっという間に
プラチナ・ダイヤ会員になります。

ですので、
年会費はほぼかからないし、
仮にかかったとしても、
たった550円です。

車を運転しないなら、
ETCカードを作らなければ、
年会費もかからないので、
楽天カードだけ持っていても
いいかもしれませんね。
 

楽天カードのメリットは?

 
先ほど書いたように、
楽天のサービス利用時に、
楽天ポイントが付与されることにあります。

楽天市場や楽天トラベルで
カードを利用すれば、
数%のポイントが付与されます。

たかが数%ですが、
年間数十万円使うことを考えれば、
たった2,3%分のポイントでも、
1万ポイント以上の差になりますよ!
 

決済は楽天カードまたはEdyがおすすめ!

 
楽天市場や楽天トラベルなど、
楽天のサービスを利用するなら、
ポイント還元率の高い楽天カードで。

ですが、amazonで物を買う時でも、
楽天カードで決済すれば、
少額ですが、ポイントは貯まります。
(200円で1ポイント)

その他、オフライン決済でも、
楽天と提携している店舗であれば、
楽天カードやEdyで決済すれば、
ポイントアップする場合もあります。

楽天カードのサイト(e-NAVI)では、
ポイントアップキャンペーンを
しばしば行っています。

普段よく利用する店舗で、
キャンペーンがあった時には
ポイントを稼ぐチャンスですよ!



楽天プレミアムカードはどう違う?


(上記画像をタップすると、
 楽天プレミアムカードのサイトに飛びます)

楽天プレミアムカードと楽天カード
の違いについては、
こちらの記事で紹介しています。

共感がお金に変わる魔法の授業
おすすめの記事