【携帯用】モバイルバッテリーの人気はanker?小型でおすすめは?

スマホやタブレットを充電するのに、
モバイルバッテリーは必需品です。

5000mAhの小型モデルから、
QC/PDなどの急速充電機能付きや、
充電プラグ付きのモデルまで、
幅広いラインナップがあります。

この記事では、
容量別・目的別に、
おすすめのモバイルバッテリーを
紹介します!
 

急速充電のタイプ(QC/PD)について

QC(Quick Charge)とは?

 
Qualcomm社が開発した、
スマホ・タブレット向けの充電規格です。

QC2.0だと9V/12V、
QC3.0だと3.6V~20Vの
電圧に対応しています。

QC対応の充電器の場合、
スマホへの過電流を防ぐため、
最大18W(9V/2Aまたは6V/3A)出力の
タイプが多いです。
 

PD(Power Delivery)とは?

 
主にノートPC向けの充電規格です。

5V・12V・20Vに対応し、
最大100W(20V/5A)の出力が可能です。

ただ、モバイルバッテリーの場合、
モバイル端末への入力電流の制限上、
最大15W(5V/3A)までの
モデルが多いです。
 

小型で軽量のモデルを選ぶポイント

 
【容量・重さ】

目安として、
・5000mAh前後:140g前後
・10000mAh前後:200g前後
辺りが最小・最軽量サイズです。

 
【バッテリーの目安】

実際のバッテリーの容量は、
表記上の6割~7割ほどになります。

つまり、5000mAhの場合、
実質3000~3500mAhほどしかなく、
スマホ1回分の充電しか持たない、
と考えておきましょう。

10000mAhなら、
実質6000~7000mAhほどなので、
スマホなら2回分、
タブレットなら1回分は
フル充電できるでしょう。

 
【急速充電】

急速充電(入出力とも)に
対応しているかも重要です。

最近のモデルだと、
どれも2Aの入出力があるものが多いですが、
購入前に確認しておきましょう。

QC/PD(15~18W)対応モデルだと、
30分でスマホを50%充電できるほど、
充電スピードが速いです。
 

5000mAh前後のおすすめモデル

Anker PowerCore III Fusion 5000

容量 4850mAh/リチウムイオンポリマー
入力/1つ 100 - 240V/0.6A
出力/2つ USB-A:12W(5V/2.4A)
USB-C:18W(PD3.0)
合計最大出力 18W (USB-Cポート単体充電時
30W (2ポート同時充電時)
サイズ 7.8×7.15×3.0cm
重さ 176g

 
2台同時でも
15W(計30W)の高速充電ができ、
しかも充電プラグ付きという
オールインワンモデル。

日中はモバイルバッテリーを使用し、
寝る前にコンセントに差して充電、
という使い方ができます。
 

10000mAh前後のおすすめモデル

Anker PowerCore Fusion 10000

容量 9700mAh/リチウムイオンポリマー
入力/1つ 100-240V/0.7A
出力/2つ USB-A:5V/2.4A
USB-C:5V/3A・9V/2.22A
合計最大出力 20W (USB-Cポート単体充電時)
30W (2ポート同時充電時)
サイズ 8.2×8.2×3.5cm
重さ 278g

 
先ほど紹介した、
ankerの10000mAhバージョンです。

容量が多くなる分、
重さもそれなりになるので、
出張旅行での使用が
主な使い方になるでしょう。
 

MRCOOL

容量 10000mAh/リチウムイオンポリマー
入力/1つ 10W:5V/2A(USB-microB)
出力/2つ 10W:5V/2.1A(USB-A)/2つ
合計最大出力 10W (USB-Aポート単体充電時
10W(2ポート同時充電時)
サイズ 8.2×8.2×1.5cm
重さ 190g

 
QC/PDには対応していないので、
スペック的には劣るものの、
特筆すべきは本体の薄さ。

胸ポケットにも余裕で入るサイズで、
持ち運びにはとても便利です。
 

Charmast「W1052」

Charmast 10400mAh モバイルバッテリー 軽量 PD対応 小型 コンパクト 18W USB-C入出力 2つUSB-Aポート QC3.0 急速充電 3台同時充電 【PSE認証済み】 iPhone iPad Android対応
Charmast
容量 10400mAh/リチウムイオンポリマー
入力/2つ 10W:5V/2A(USB-microB)
18W:PD3.0(USB-C)
出力/3つ 18W:QC3.0(USB-A)/2つ
18W:PD3.0(USB-C)
合計最大出力 18W (USB-Cポート単体充電時
30W(3ポート同時充電時)
サイズ 9.1×6.2×2.2cm
重さ 190g

 
10000mAhのモバイルバッテリーの中では、
最小・最軽量サイズです。

ただし、厚みがあるので、
ポケットに入れづらいかもしれません。

出力端子が3つ付いていますが、
合計出力30Wまでなので、
複数同時充電する場合、
急速充電できなくなります。

急速充電する時は、
接続は1台だけにしましょう。
 

マグネット充電ケーブルがおすすめ!

 
モバイルバッテリーへの充電、または、
モバイル端末への充電には、
USBケーブルなどを差して
充電していると思います。

ですが、
モバイルバッテリーを使って
何度も充電するとなると、
やはり気になるのが、
充電端子の劣化。

そこでおすすめなのが、
マグネット充電ケーブル。

おすすめの
マグネット充電ケーブルについては、
こちらの記事で紹介しています。

共感がお金に変わる魔法の授業
おすすめの記事