ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめはソニー?安いおすすめは?

ワイヤレスイヤホンを使いたいけど、
ノイズキャンセリング機能がある
おすすめモデルと言えば?

最近はワイヤレスイヤホンが増え、
数千円で買える安いものから、
数万円もするハイエンドまで、
機能や音質面も多様になっています。

この記事では、
ノイズキャンセリング機能のある、
おすすめのイヤホンを紹介します!
 

ワイヤレス?それとも完全ワイヤレス?

 
ワイヤレスイヤホンと言っても、
種類が2種類あります。

1つは、首にかけるネックバンド式。

もう1つは、
TWS(True Wireless Stereo)と呼ばれる、
左右独立型。

どちらもメリット・デメリットは
ありますので、
以下表にしてみました。

メリット デメリット
ネックバンド型 ・TWS型より音質が良い ・かさばる
・動きのある場面では使いにくい
TWS型 ・収納がコンパクト
・動きに制限がない
・なくしやすい、落としやすい

上記メリット・デメリットを見て、
実生活でどちらを優先するかで選べば
問題ないと思います。

ノイズキャンセリングの性能は
どちらもほぼ同じで、
値段によって差が出る印象です。
 

ノイズキャンセリングの表記に注意!

 
ノイズキャンセリングと言っても、
周囲の雑音を消す機能である、
ANC(Active Noise Canceling)と、
通話での雑音を消す機能である、
CVC(Clear Voice Capture)の
2種類があります。

一般的にノイズキャンセリングと言えば、
周囲の雑音を消すANCのことを指すのですが、
まれにCVCのことを
「ノイズキャンセリング」と
書いてあるイヤホンもあるので
注意が必要です。

基本的に、
数千円で買える
安いノイキャンイヤホンはCVCで、
5000円以上のノイキャンイヤホンは
ANCの表記があることが多いです。
 

TWSノイズキャンセリングイヤホンのおすすめは?

ソニー「WF-1000XM3」

 
TWSノイキャンの定番と言えば、
ソニーの「WF-1000XM3」。

TWSでありながら、
高音質なサウンドを楽しめるということで、
非常に人気があります。

ただ、発売が2019年ということもあり、
少し型落ち感があります。

唯一のデメリットとして、
防水機能がないということ。

防水機能付きで、
高音質なモデルとなると、
以下の2つがおすすめです。

 
どちらもIPX4に準拠しているので、
スポーツで汗が付きそうな利用が多いなら、
上記のどちらかを買うのがおすすめです。
 

ネックバンド型ノイズキャンセリングイヤホンのおすすめは?

ソニー「WI-1000XM2」

 
やはり高品質で安定感のあるソニーが、
ネックバンド型でもおすすめ。

先ほど紹介した、
TWS型の「WF-1000XM3」よりも音が良いので、
音質重視ならこちらがおすすめ。

デスクワークや勉強など、
体が動かない状況での利用が多いなら、
ネックバンド型が使いやすいでしょう。
 

ノイズキャンセリングイヤホンの安いおすすめは?

JPRiDE「ANC-510」

 
ソニー製品は欲しいけど、
高くてなかなか手が出せない。

1万円以下でANC機能が付いている
ノイキャンイヤホンと言えばこれ。

5000円台で買える格安ながら、
音質面もそれなりに良く、
ノイキャン性能は
ソニー製品と肩を並べられるレベルです。

カフェで仕事をする時は、
いつもこれを着けています。

音楽を流さなくても、
周りの会話の音量がかなり抑えられ、
かつ雑音はほぼ消えますので、
作業に集中できます。

私は先ほど紹介した
ソニー製品も持っていますが、
仕事中はもっぱらこちらを使っていて、
ほぼ現在のメイン機種になっています。
 

手持ちのイヤホンをbluetoothでワイヤレス化に!

 
この記事では、
ノイズキャンセリングイヤホンを
紹介しました。

ノイズキャンセリング機能はなくても、
イヤホンをワイヤレス化して
使うこともできます。

具体的なやり方については、
こちらの記事をご覧ください。

共感がお金に変わる魔法の授業
おすすめの記事