【防水】bluetoothスピーカー!高音質で重低音のおすすめと言えば?

スマホに入っている音楽を、
bluetoothでスピーカーにつないで
ワイヤレスで音楽を楽しみたい!

アウトドアやお風呂でも使える、
おすすめの防水モデルは?

スマホで音楽を聴く環境は様々で、
現在、ワイヤレスで音楽を聴くのが
当たり前になっています。

イヤホン、ヘッドホンはもちろんのこと、
ワイヤレスモデルのスピーカーも
数多く販売されています。

この記事では、
bluetooth機能のある
ワイヤレススピーカーの中から、
防水機能かつ、
高音質で重低音がパワフルな
おすすめモデルを紹介します!
 

スピーカーを選ぶポイントは?

 
スピーカーを選ぶポイントは、
大きく分けて、
以下の7点に絞られます。

・高音質かつ強力な重低音
・ワイヤレスステレオペアリング
・出力ワット数
・パッシブラジエーター
・防水性
・内蔵マイク
・入力形式

以下、具体的に解説していきます。
 

高音質かつ強力な重低音

 
スピーカーの音は、
単純に、
お金をかければかけるほど
音が良くなります。

ですが、防水性を優先させると、
水の侵入を防ぐため、
どうしても音がこもりがちです。

ですので、防水スピーカーを買う場合、
ある程度の音質は犠牲になるのは
仕方がありません。

もちろん、
1万円を超えるモデルになってくると、
高音質かつ重低音も
かなり優秀なスピーカーがあります。
 

ワイヤレスステレオペアリング・TWS

 
Bluetoothスピーカーは小型のモデルが多く、
単体でステレオ機能のある
スピーカーは少ない、というか、
高単価の傾向にあります。

ですが、ここ最近の傾向では、
小型スピーカーに、
ワイヤレスステレオペアリング機能がある
スピーカーが増えてきました。

TWS(True Wireless Stereo)とも呼ばれ、
同じスピーカーを2つ揃えると、
ステレオで聴いているかのように聞こえる、
という便利な機能です。
 

出力ワット数

 
釣りやBBQなど、
アウトドアで使う場合、
どうしても音量が大きくなりがちです。

出力ワット数の少ない
スピーカーの音量を上げ、
スマホ本体の音量も上げると、
音が歪んだり、音が割れたりしてしまいます。

音量を上げても、
音割れしないようにするには、
出力ワット数の高いスピーカーを
選びましょう。

出力W数の目安を以下に挙げます。

【~5W】
寝室など耳の側に置く場合

【~10W】
静かな部屋、ホテル、駐車中など

【~20W】
窓を閉めた走行車内

【~40W】
窓を開けた走行車内・アウトドア

単体のスピーカーで上記W数に届かない場合、
2台にして、
ステレオペアリングにするのが
おすすめですよ!
 

パッシブラジエーター

 
重低音を出すのに必要な機能です。

重低音が出るモデルについては、
ほぼ例外なく、
パッシブラジエーターが付いていますが、
購入前にきちんと確認しましょう。
 

防水性

 
お風呂場やアウトドアで
使用することがあるなら、
防水機能は必須です!

・IPX5
日常防水(水滴がかかっても大丈夫)程度

・IPX7
浸水防止(1m程度水に沈めても大丈夫)

Xの部分は防塵性の部分で、
Xは防塵性がないという意味です。

アウトドアメインで使用する場合、
防塵性はある方がいいでしょう。
 

内蔵マイク

 
・ハンズフリー通話
・zoomなどを用いたオンライン通話

をする時に、
あると便利な機能です。

なければ、
そばにスマホを置いておけば
いいだけなので、
別になくてもあまり問題ではありません。
 

入力形式

 
bluetoothスピーカーは、
bluetoothでの接続以外にも、
AUX(ライン入力)の有線接続も
付属しています。

その他、
・TFカード(microSD)
・USB(メモリ)読取
など、
幅広い入力形式に対応している
モデルもあります。
 

携帯性重視のおすすめモデル

ソニー「SRS-XB10」

寸法(底面×高さ) 7.5×7.5×9.1cm
重量 259g
出力W数 5W
パッシブラジエーター
防水 IPX5
連続再生時間 最大16時間
TWS接続
bluetooth V4.2
内蔵マイク
入力 AUX
低音の迫力 単体:☆☆
TWS:☆☆☆

 
直径7.5cmと、
ペットボトルより
一回り大きいサイズですが、
携帯性の面では非常にコンパクト。

出張旅行に行く時は、
いつもこれを持って行ってます。

部屋内で聴くには十分な出力ワットがあり、
現地のホテルに滞在する時は、
風呂場で音楽を流すのにも
ちょうどいいサイズです。

今から買うなら、
防塵・防水機能がアップした
最新モデルがおすすめです。

 

Tribit「Stormbox」

寸法(底面×高さ) 6.9×6.9×18cm
重量 500g
出力W数 24W
パッシブラジエーター
防水 IPX7
連続再生時間 最大20時間
TWS接続
Bluetooth V4.2
内蔵マイク
入力 AUX
低音の迫力 単体:☆☆☆
TWS:☆☆☆☆

 
直径6.9cmなので、
500mlのペットボトルホルダーにも
十分入るスリムなサイズで、
車内のカップホルダーに
ギリギリ入るサイズです。

上下にパッシブラジエーターがあり、
X-Bassモードにすれば、
単体でもかなり強力な重低音が出ます。

指向性のない360°スピーカーなので、
TWS接続しなくても、
どこに置いても
同じ音が聞けるのも魅力です。
 

高音質・重低音重視のおすすめモデル

 

JBL「FLIP5」

寸法(底面×高さ) 7.4×6.9×18.1cm
重量 540g
出力W数 20W
パッシブラジエーター
防水 IPX7
連続再生時間 最大12時間
TWS接続
Bluetooth V4.2
内蔵マイク
入力 ×
低音の迫力 単体:☆☆☆
TWS:☆☆☆☆

 
単体だとモノラルなので、
基本的にはTWS2台運用の
ステレオで聴くのがおすすめです。

携帯しやすいフォルムかつ防水なので、
車内・アウトドア・滞在先全てで活躍する
オールラウンダーです。
 

ソニー「SRS-XB23」

寸法(底面×高さ) 7.6×7.6×21.8cm
重量 580g
出力W数 14W
パッシブラジエーター
防塵・防水 IP67
連続再生時間 12時間
TWS接続
Bluetooth V5.0
内蔵マイク ×
入力 ×
コーデック SBC/AAC/LDAC
低音の迫力 単体:☆☆☆☆
TWS:☆☆☆☆☆

 
フルレンジスピーカーを2基搭載し、
単体でもステレオ再生できます。

パッシブラジエーターも2基搭載し、
EXTRA BASSの重低音モードにすれば、
かなり迫力のある低音が出ます。

高音質コーデック(LDAC)対応のため、
重低音のみならず、
中域から高域もクリアに鳴らす
おすすめのワイヤレススピーカーです。

共感がお金に変わる魔法の授業
おすすめの記事